起立性調節障害 くにたちソレイユ

成長期に多い病気「起立性調節障害(OD)」の家族・親の会。東京都国立市で活動。成長期に自律神経のバランスが崩れ、朝起きられない、体調が悪く学校を遅刻、欠席する、夜は比較的元気な例もあり誤解されやすい病気です。話を聴きあい、情報交換し楽になりませんか?ソレイユは仏語で太陽。安心して集えるひだまりのような場所を作っていきたい。子供達が明るい太陽の下に踏み出していける日を待ち、理解の輪を広げていきましょう。

★★茶話会予定★★7月を予定。

茶話会の予定をよく掲載していただいてる
「くにたち公民館だより」。
国立市民の家々に配布されています。

公民館だよりの一番最後のページに、
いつもサークル訪問の記事があります。
新しい発見があり、毎回楽しく読んでいます。


この度、5/20(土)の茶話会の取材依頼があり、
取材していただくことになりました。


取材されることに不安がある方はご安心下さい。

会の目的や様子の取材で個人の取材ではありません。
プライバシーに充分配慮をしていただきます。
全体写真が必要ですが、それも個別配慮出来ます。

話しやすいように、取材も一部の時間のみで
お願いしました。


取材を受けた理由として、
知らない会に参加しにくい方に様子を知っていただいたり、
病気なのに気付かず苦しんでいる方が、読んでくれるかも?

起立性調節障害を知らない方に読まれれば、
この病気で苦しんでいる親子に理解者が増えるかも?
そうなると嬉しいですね。

配布されるのは国立市の家です。
上記のようにプライバシーにも配慮してくれます。

6月は国立市では茶話会はありませんので、
5月の茶話会、安心してご参加下さい。
お待ちしております。


見本:下から二段がサークル訪問。
赤丸は家族が付けたので関係ありません。
IMG_20170508_020130-1200x1600











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皆さんは、どんなGWだったでしょう?

息子が高校生の時、休み明けは緊張しました。
全日制だったので、出席時数を数える日々。
週末になるとほっとして、週明けはハラハラ。
毎日の学校への連絡…。
身体に悪いですね。

成長とともに良くなるといっても、
在籍校で卒業したい本人の意向と、
思うようにはならない体調。

どういう結果でも、本人が選び、本人が決めていくことと、
親の私も、腹をくくったつもりでも、
時には気持ちがふらふらしたり。
仕方ないよね、人間だもん。
ふらふらするのもあり。
神様じゃないんですから。

起立性調節障害くにたちソレイユの5月の茶話会、
色んな思い、一緒にお話しませんか?
お待ちしています。


ここからは、お詫びと訂正です。

今月の「くにたち公民館だより」ひろば欄に、
茶話会のお知らせが掲載されています。
参加費¥100となっていますが、
¥200に、訂正になります。

掲載申込の後で変更になり間に合いませんでした。
申し訳ありません。

公民館は無料で借りられますが、
運営の為には、備品、印刷費等がかかり、
皆さんの参加費を当てさせていただいています。
年会費などはいただいていません。

私をはじめ、有志の無償ボランティアでの活動で、
参加費を運営用途以外では使用していませんので、
どうぞご理解下さい。


★起立性調節障害くにたちソレイユ 
 5/20(土)茶話会

 
 【申込・詳細】

 →こくちーずPRO くにたちソレイユ茶話会申込先


 (下記¥100が¥200になります。)
IMG_20170508_002241-1200x1600




















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

起立性調節障害は朝起きにくく、
午後から改善することもあり、(重い場合は午後も不調が続くことあり)
怠けやサボりと誤解されやすく辛い思いをする事が多いです。

昨年、国立市教育委員会に伺いお聞きしたのは、
病気になったらよく先生と相談し理解していただくこと。

でも、上手くいかないときは
スクールカウンセラーもしくは主任などの管理職
市の教育相談室など、複数の窓口があるので
利用して下さいと。

昔より相談できる窓口が増えているのは有り難いですね。


この度、国立市で更に相談窓口が増えました。

都内で初めて、子どもの人権をまもるための
オンブズマンが設置されました。

すでにある「一般オンブズマン」と、
子どもに寄り添い困ったことを解決する手助けをする
「子どもの人権オンブズマン」の両方の機能を備えた
「国立市総合オンブズマン」が創設されました。

子どもの人権オンブズマンは、
子ども本人はもちろん、市内の子どもの関係する相談なら、
子ども本人だけでなく、家族や友だちでも相談できます。

オンブズマン事務局問い合わせhttp://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kurashi/ombudsman/1490936692067.html

Tel  042-505-5127
Fax  042-505-5156 
Mail  sec_ombudsman@city.kunitachi.lg.jp


国立市教育相談室

042-576-2109



スクールカウンセラーや教育相談は他の市区でもありますから、
心配事は思い切って相談してみることができますよ。
また、都内の方なら下記でも相談できます。

東京都教育相談センター
幼児から高校生相当年齢までの子供の性格や行動、しつけ、
発達、いじめ、不登校、体罰、高校への進級・進路などに
関する相談を子供たちや保護者、学校の先生から受け付けています。

http://www.e-sodan.metro.tokyo.jp/

行き詰っている方は、我慢しないでくださいね。


IMG_20170502_022352-1013x760

















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4月の茶話会は中学生から20代までの子の親が9人、
和室でゆっくりと交流できました。

市内の放課後デイサービスの先生も、
起立性調節障害について理解を深めるために
参加して下さいました。
子どもたちへのあたたかな眼差しに感動しました。

先輩ママのお話にほっとして帰路についた方も
多かったと思います。


さて、5月の茶話会も決まりました。
運営費の関係で参加費が¥200に戻りますm(__)m

また、6月は国立では茶話会はありません。
それについては、また後日お知らせします。

初参加の方も安心してお越し下さい。
お待ちしております。


★★5月茶話会のお知らせ★★

・詳細は下記の申込サイトでご確認下さい。
・申込、キャンセル共に当日まで申込サイトよりご自身でお願いします。
・サイト申込出来ない場合はメールにてお申込下さい。


・日 時  5月20日 (土) 
・時 間  13:00~16:00 (開場・準備12:30~、受付12:45~) 
・場 所  国立市公民館(3階 和室)
・参加費  ¥200

・飲物持参
・お菓子一品持ち寄り(少なめでよいです)
・ゴミはお持ち帰り下さい。
・途中入退出自由
・可能な方はテーブルの設置、片付けなどのお手伝いお願いします。

※「kokuchpro.com」ドメインと、「od.kunitachi.soleil☆gmail.com」からのメールを受信許可に設定して下さい。☆を@に変えてください。


【申込・詳細】
→こくちーずPRO くにたちソレイユ茶話会申込先


IMG_20170114_130235








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

急に暑くなったり冷え込んだりと、
まだまだ不安定な春の気候ですね。
お子さんも体調を崩しやすいでしょう。


息子の主治医から以前教えていただいた話です。

起立性調節障害の特徴に
血流が悪いというのがあります。
人はストレスを受けると血管が収縮します。
この病気だとストレスで更に血流が悪くなるので
悪化しやすいんです。

怠けではないんですよ。
必ず治るから心配事は少なくした方がいいです。


分かりやすくて納得しました。

登校出来ようが出来まいが、
たんたんとあたたかく接する。
それが子どもに良いと分かっていても、
もやもやする事ありますよね。

今週の土曜はいつもの茶話会です。
毎回、初めての方もいらしてます。
皆で話して心配事を減らしませんか?


【4/22の申込・詳細】
→こくちーずPRO 4/22 起立性調節障害くにたちソレイユ 




会場の国立市公民館前の牛さんです
IMG_20161022_135748-1238x1651








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ