先日、国立市教育委員会へ行き、起立性調節障害の学校への周知と、現状についてお聞きしてきました。

養護教諭には周知されているが、他の先生達にはまだ進んでいないとの事でした。
今後は、複数ある委員会や研修会で取り上げるなどで広めていけないか。
知恵を絞っていきますとお答えいただきました。
お話できてよかったです。

お時間を割いてくださった教育委員会の方々と、この病気の認知度の低さを問題視し、お骨折り下さった望月けんいち市議に、感謝申し上げます。

教育委員会からは、困っていたら遠慮せずに学校に相談して欲しい。
教育相談もカウンセラーもあり、複数の窓口があるので相談しやすい方を選んで下さっていい。
夕方から相談したいときは、事前に聞いてみて下さい、との事でした。
このあたりは、他の自治体もあまり変わらないかなと思います。

まだ、起立性調節障害の認知度は低いです。
でも、十数年前は発達障害を知らない教師は沢山いました。
今は、知らない教師はいないのでは?

どの先生も起立性調節障害を知っている。
そんな風になってもらいたいし、必ずそうなれます。

まず出来ることから。
少しずつ積み上げていきたいです…

flora-1839558_640