はじめまして、管理人のYです。

息子が体調を崩したのは中学2年の3学期、身長が伸び体型が大きく変わった時期でした。
その頃はすぐ丈夫になるだろうと思い、都立全日制に進学。
じわじわと悪化し、高校1年の後半に起立性調節障害と診断されます。
薬の効果がなかったので漢方専門病院に変え、ギリギリで卒業しました。
在学中に高認も受けています。

2年の自宅療養を経て、20才で大学進学。
椅子に長時間座るのがきつく、病気や障害のある人用の別室受験で一般受験しました。

22才の現在も頻脈ですが、徐々に回復してきました。


回復が遅くて、必ず良くなると言われてもピンときませんでした。
でも、長かったですがやっとここまでこれました。

皆さんと思いを分かち合えたらと願っています。